【Java】if文でノットイコールで判定する

Java

今回はJavaのif文でノットイコールを使って判定する方法を解説します。
Javaでは「!=」がノットイコールの意味を表していて、これを使うことで判定することができます。

ノットイコールは頻繁に使うので、ぜひこの記事を読んでマスターしましょう。

if文でノットイコールで判定する

冒頭でも少し触れましたが、Javaでノットイコールを使って判定する際には「!=」を使います。
次のように記述することでノットイコールで判定できます。

if (x != y) {
        処理内容...
}

サンプルコード

実際にサンプルのコードで確認してみましょう。

public static void main(String[] args) {

	int num = 3;

	// numを2で割ったあまりが0ではないとき = 数字が奇数の時
	if(num % 2 != 0) {
		System.out.println(num + "は奇数です。");
	} else {
		System.out.println(num + "は偶数です。");
	}
}

実行結果

3は奇数です。

コードの解説

コードの解説をしていきます。
まず最初にint型の変数に数字を格納しています。

int num = 3;

この数字を2で割ったときのあまりが0ではない時、つまり2で割った値≠0の時は「数字は奇数です」と出力します。

if(num % 2 != 0) {
	System.out.println(num + "は奇数です。");
}

上記以外の場合、つまり2で割った時のあまりが0の時は「数字は偶数です」と出力します。

else {
	System.out.println(num + "は偶数です。");
}

以上、Javaでノットイコールで判定する方法について解説しました。
Javaでは「!=」を利用することでノットイコールの判定をすることが出来ます。

プログラミング初心者からWebアプリを開発できるようになってエンジニアに就職・転職するまでの学習手順をまとめた記事もあります!
こちらもぜひご覧ください!!

タイトルとURLをコピーしました