【図解付き!】Eclipseを使ってSpring Bootの開発環境を構築する

Java

今回の記事ではEclipseを使ってSpring Bootのプロジェクトを作成する方法を図解付きで解説していきます!

アプリを起動して、画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示してみましょう!

Eclipseのインストールができていない!という方はこちらの記事を参考にEclipseのインストールをしてみてください。
EclipseをMacにインストールする

EclipseでSpring Bootのプロジェクトを作成する

まずはEclipseを起動してSpringBootのプロジェクトを作成します。

プロジェクトの作成

Eclipseで「ファイル」→「新規」→「プロジェクト…」を選択します。

Spring スターター・プロジェクトの作成

新規プロジェクトを選択するウィンドウが表示されます。
検索窓に「spring」と入力して、「Spring スターター・プロジェクトの作成」を選択し、「次へ」を押します。

Spring Bootの基本設定

次にSpring Bootプロジェクトの基本設定を行います。

  • 名前:Spring Bootプロジェクトの名前を自由に決めます
  • タイプ:MavenとGradleから好きな方を選択します
  • パッケージング:JarとWarのどちらかを選択します。Webアプリを開発するときはWarにします
  • パッケージ:Javaのソースコードを管理するパッケージ名を自由に決めます

今回は以下のように設定しました。

Spring Bootで使用する機能の選択

次にSpring Bootで使用する機能の選択を行います。
こちらは後からでも追加や編集が可能なので、ここで全てを決めなければならないわけではありません。

今回はデフォルトで選択されているものをそのまま使います。

Spring Bootプロジェクトの作成完了

「完了」ボタンを押すとSpring Bootプロジェクトが完成します。



Spring BootでHello Spring Bootを表示する

Spring Bootの開発環境が整ったので、画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示してみましょう。

Controllerクラスの作成

まずはControllerクラスの作成をします。
Controllerクラスではリクエストを受け取って、どのような処理を行うか制御します。

今回は「/index」にリクエストが来たときに「index.html」を画面に表示するような制御を行います。

先ほど作成したSpring Bootプロジェクトの「src/main/java」フォルダを開いて、パッケージを右クリックします。
「新規」→「クラス」を選択してJavaのクラスを作成します。

パッケージを「com.uhablog.controller」として、クラス名を「HelloController」としました。

HelloControllerは次のようにします。

package com.uhablog.controller;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller // アノテーションを使って、Controllerクラスであることを宣言
public class HelloController {

	@RequestMapping(value="/index") // 「/index」にリクエストが来たときに呼び出されるメソッドを作成
	public String index() {
		return "index";
	}
}

htmlファイルの作成

次に画面に表示するhtmlファイルの作成をします。

Spring Bootプロジェクトの「src/main/resources」フォルダを開きます。
「templates」フォルダを右クリックして、「新規」→「HTMLファイル」を選択します。

HTMLファイルの名前を入力します。
今回は「index.html」としました。

index.htmlの中身は次のようにします。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>EclipseでSpring Bootの開発環境を構築!!</title>
</head>
<body>
	<h1>Hello, Spring Boot!!</h1>
</body>
</html>

Spring Bootプロジェクトの起動

では完成したSpring Bootプロジェクトを起動します。

Spring Boot プロジェクトを右クリックします。
「実行」→「Spring Bootアプリケーション」をクリックします。

ChromeやFirefoxなどお使いのブラウザで「http://localhost:8080/index」にアクセスしましょう!

画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示されたら成功です!!
お疲れ様でした。

このようにこのブログではプログラミング初心者や未経験の方向けにJavaでWebアプリを開発する方法を発信しています!
未経験からエンジニアになるまでのロードマップをまとめた記事があるので、ぜひそちらもチェックしてみてください。
未経験からエンジニアになるまでのロードマップ

タイトルとURLをコピーしました