Java

【図解付き!】Eclipseを使ってSpring Bootの開発環境を構築する

uhablog

こんにちは、大学時代にプログラミングの勉強を始め現在はエンジニアをしているuhablogです。
当ブログでは現役エンジニアがプログラミング初学者の方向けにプログラミングの学習法を発信しています。

uhablogではSpring Bootで簡単なWebアプリを開発する方法を発信しています。

Javaの基礎学習が終わった方へ

今回の記事ではEclipseを使ってSpring Bootのプロジェクトを作成する方法を図解付きで解説していきます!

この記事を読むことで、Eclipseを使ってSpring Bootの開発をする準備を整えることができます。

今回はアプリを起動して、画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示するところまで、わかりやすく解説していきます。

\\今ならセール開催中!//

UdemyでSpring Bootを学ぶ!!

返金保証付き

EclipseでSpring Bootのプロジェクトを作成する

まずはEclipseを起動してSpringBootのプロジェクトを作成します。

プロジェクトの作成

Eclipseで「ファイル」→「新規」→「プロジェクト...」を選択します。

Spring スターター・プロジェクトの作成

新規プロジェクトを選択するウィンドウが表示されます。
検索窓に「spring」と入力して、「Spring スターター・プロジェクトの作成」を選択し、「次へ」を押します。

Spring Bootの基本設定

次にSpring Bootプロジェクトの基本設定を行います。

  • 名前:Spring Bootプロジェクトの名前を自由に決めます。
  • タイプ:Mavenを選択します。
  • パッケージング:Warを選択します。
  • パッケージ:Javaのソースコードを管理するパッケージ名を自由に決めます。

今回は以下のように設定しました。

Spring Bootで使用する機能の選択

次にSpring Bootで使用する機能の選択を行います。
こちらは後からでも追加や編集が可能なので、ここで全てを決めなければならないわけではありません。

今回はデフォルトで選択されているものをそのまま使います。

Spring Bootプロジェクトの作成完了

「完了」ボタンを押すとSpring Bootプロジェクトが完成します。

Spring BootでWebアプリを開発する準備が整いました!実際にコードを書いていきましょう。

Spring BootでHello Spring Bootを表示する

Spring Bootの開発環境が整ったので、画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示してみましょう。

Controllerクラスの作成

まずはControllerクラスの作成をします。
Controllerクラスではリクエストを受け取って、どのような処理を行うか制御します。

今回は「/index」にリクエストが来たときに「index.html」を画面に表示するような制御を行います。

先ほど作成したSpring Bootプロジェクトの「src/main/java」フォルダを開いて、パッケージを右クリックします。
「新規」→「クラス」を選択してJavaのクラスを作成します。

パッケージを「com.uhablog.controller」として、クラス名を「HelloController」としました。

HelloControllerは次のようにします。

package com.uhablog.controller;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller // アノテーションを使って、Controllerクラスであることを宣言
public class HelloController {

    @RequestMapping(value="/index") // 「/index」にリクエストが来たときに呼び出されるメソッドを作成
    public String index() {
        return "index";
    }
}

簡単にコードの解説をしていきます。

@Controller

「@Controller」アノテーションをつけることで、このクラスがコントローラーであることを宣言しています。

コントローラーは主にユーザー(ブラウザ)からのリクエストを受け取って、リクエストに応じてJavaのプログラムを実行します。

つまり@Controllerをつけることで、「このクラスはユーザーからのリクエスト受け付けますよ〜」の宣言をしたことになります。

@RequestMapping

@Controllerアノテーションでユーザーからのリクエストを受け付けることができます。

@RequestMappingアノテーションで実際にリクエストを受け取ることが可能です。

今回の場合「@RequestMapping(value="/index")」としているので、「http://localhost:8080/index」にリクエストしたときにindexメソッドが実行されます。

indexメソッド

indexメソッドでは実際の処理を書いていきます。

今回は戻り値の型としてString型の"index"を返しています。

これで次に作るindex.htmlを画面に表示することが可能です。

これでサーバー(Java)側のプログラムは完成です!次に画面を作っていきましょう。

htmlファイルの作成

次に画面に表示するhtmlファイルの作成をします。

Spring Bootプロジェクトの「src/main/resources」フォルダを開きます。
「templates」フォルダを右クリックして、「新規」→「HTMLファイル」を選択します。

HTMLファイルの名前を入力します。

先ほどのControllerのindexメソッドで、「return "index";」としました。なので、ここではindex.htmlを作成します。

index.htmlで画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>EclipseでSpring Bootの開発環境を構築!!</title>
</head>
<body>
	<h1>Hello, Spring Boot!!</h1>
</body>
</html>

これで画面が完成しました!最後にサーバーを起動して、確認しましょう。

Spring Bootプロジェクトの起動

では完成したSpring Bootプロジェクトを起動します。

Spring Boot プロジェクトを右クリックします。
「実行」→「Spring Bootアプリケーション」をクリックします。

ChromeやFirefoxなどお使いのブラウザで「http://localhost:8080/index」にアクセスしましょう!

画面に「Hello, Spring Boot!!」と表示されたら成功です!!

次の記事はこちら

\\今ならセール開催中!//

UdemyでSpring Bootを学ぶ!!

返金保証付き

プログラミング学習はUdemyがおすすめ

私はプログラミングの学習はUdemyで行うのが一番おすすめです。
Udemyでは動画講座でプログラミングなどのスキルを身につけることができます。
現役エンジニアがUdemyをオススメする理由は
・動画で好きなときに学べる
・一流の講師に学ぶことができる
・講師の方に質問ができる
・返金保証もある
・セールを頻繁に開催している
といったたくさんの理由があります。

現在Udemyではセールを開催しています!
通常時1万円から2万円前後の価格で講座が販売されていますが、セール時には1500円前後(ランチ代くらい)で一つの講座を購入することができます。
UdemyにはSpring BootでWebアプリの開発を学べる講座iconもあるので、Javaの基礎を動画で学んでみたい!という方はチェックしてみてください。

独学が不安な人へ

独学で学んでいく意志がある方にはUdemyなどで学習するのがおすすめですが、プログラミングを独学するにはそれなりにハードルがあります。

  • プログラミングで一度挫折した経験がある
  • 一人で学習する自信がないので、サポートが欲しい

という方にはプログラミングスクールを検討してみるのがおすすめです。

まずは無料体験から

-Java
-, , ,