Java

Javaで定数をマスターする!基本的な定数の定義方法から実用的な使い方まで解説

「Javaで定数定義をする方法を知りたい」
「そもそも定数って何?」

Javaを学習し始めるとこのような疑問を持つことがあるのではないでしょうか?

定数は便利で実際のプロジェクトでも頻繁に使われています。

そのためJavaを学習していく人にとって、定数を知っておくことはマストだと言えます。

そこで今回の記事では、Javaの定数とはなんなのか?ということから、定義の方法や実際の使われ方まで実際のコードを用いて解説していきます!

この記事を読んでいただくことで、定数について理解が深まりよりJavaエンジニアとしてレベルアップすることができますよ!

Javaの定数とは?

定数とは値が一度代入されると、その後に変更が不可能な値のことを表しています。

後から変更されたくない値や、プロジェクトやシステム内で共通して使用したい値などに利用されます。

一般的にJavaのメソッド内で宣言されて使われる値は変数です。

変数は後から書き換えることが可能で、計算した結果を格納したりする際に値を変更したりします。

反対に定数は特定の値を格納しておいて、入力値との比較をする際などに利用されます。

Javaで定数を定義する基本的な方法

Javaで定数を定義するためには、finalをつけることによって宣言することができます。

final double CONSUMPTION_TAX = 0.10

実際のプログラムで、定数定義や使い方について確認してみましょう!

public class Main {
    public static void main(String[] args) {

        // 消費税率を定数で定義
        final double CONSUMPTION_TAX = 0.10;

        // 定数を使って、出力する
        System.out.println("現在の消費税は" + CONSUMPTION_TAX * 100 + "%です。");
        int price = (int) (100 + (100 * CONSUMPTION_TAX));
        System.out.println("100円のものを買うと" + price + "円になります。" );

        // 定数は変更することができない
        // CONSUMPTION_TAX = 0.8;
    }
}

実行結果は次のとおりになります。

現在の消費税は10.0%です。
100円のものを買うと110円になります。

またJavaでは一般的に定数は次のような使われ方をします。

  • 定数は基本的に全て大文字で宣言され、単語はアンダースコアで区切る
  • 多くの場合staticで宣言され、インスタンス化なしで利用することが多い
  • 定数クラスとして定数のみを持つクラスを作成し、
    プロジェクト内の様々なクラスから参照可能とする

定数クラスを作る具体的手順

次に定数クラスの作り方について、実際のサンプルを用いながら解説します。

多くのプロジェクトでは、定数クラスを作成し、定数クラスの中にプロジェクト内で共通で利用する値について保持するようにします。

プロジェクト内の他のメソッドやクラスから、定数クラスの値を参照するようにすることで、変更があったときなどはそのクラスの値のみを変えれば良いため、変更がしやすいプログラムになるといったメリットがあります。

実際に定数クラスを作ります。

定数クラスはConstantsという名前で作られることが、稀に良くあるため今回はConstants.javaを作成します。

public class Constants {
    // プロジェクト共通の定数をpublic static finalで定義します
    public static final String APPLICATION_NAME = "My Application";
    public static final int MAX_USERS = 100;
    public static final double PROJECT_VERSION = 1.0;
}

定数クラスはこのように定義され、多くの定数を「public static final」な定数として宣言します。

public staticにすることで、プロジェクト内のどこからでもインスタンス化することなく利用することが可能です。

mainメソッドで、定数クラスの定数を使ってみるとこうなります。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        // 定数クラスの定数を使う 
        System.out.println("Application name: " + Constants.APPLICATION_NAME);
        System.out.println("Max users: " + Constants.MAX_USERS);
        System.out.println("Version: " + Constants.PROJECT_VERSION);
    }
}

プログラミングを挫折することなく進めるには?

今回はJavaの定数の定義やその活用方法について解説してきました。

この記事を読んでいただいているあなたは、

「これからプログラミングを学んでエンジニアになりたい」
「Javaを使って何かアプリを作ってみたい」

と考えているかもしれません。

そういった方にはプログラミングスクールの受講がおすすめです。

プログラミングスクールでは、Javaの基本的な内容から実践的なスキルまで体系的に学ぶことができます。

初心者の方でもプログラミングスクールで学ぶ人は多く、安心してスタートすることができます。

またプログラミングスクールでは、現役のエンジニアから直接指導を受けることが可能です。

特にFreeksは初心者からJavaを学びたい人におすすめのプログラミングスクールです。

対面とオンラインのどちらでも学習を進めることができ、現役エンジニアに質問することができます。

またFreeksは月額10,780円で受講できるため、非常にコスパが良く、嫌になったら辞めれば良いだけです。

Freeksでは満足度96%の無料カウンセリングが実施されています。

無料説明会に参加するのはノーリスクなので、興味のある方は気軽に参加してみてください!

無料説明会にはこちらのFreeks公式サイトのリンクから申し込んでみてください!
https://freeks-japan.com/

-Java
-, ,