【Python】リストの使い方

今回の記事ではPythonのリスト型の使い方を解説していきます。

リストに要素を追加する

Pythonのリストにおいて要素を追加するためにはappendメソッドを使います。リストの最後に引数で渡した値が追加されます。

// listの初期化
lis = ['python', 'java', 'c', 'c++']
print(lis) // ['python', 'java', 'c', 'c++']

lis.append('java script')
print(lis) // ['python', 'java', 'c', 'c++', 'java script']

またリストにはinsertを使って要素を追加するという方法もあります。こちらはリストの途中に要素を追加したい際に便利です。insertメソッドでは第一引数に値を入れたいインデックス番号を指定し、第二引数にリストに追加したい値を渡します。

lis = ['python', 'java', 'c', 'c++']
print(lis) // ['python', 'java', 'c', 'c++']

lis.insert(1, 'java script')
print(lis) // ['python', 'java script', 'java', 'c', 'c++']

リストの要素を削除

リスト内の要素を削除するためにはremoveメソッドを使います。引数に渡した値と同じ最初の要素を削除します。

// listの初期化
lis = ['python', 'java', 'c', 'c++', 'java script']
print(lis) // ['python', 'java', 'c', 'c++', 'java script']

lis.remove('java script')
print(lis) // ['python', 'java', 'c', 'c++']

リスト内の要素を検索する

リスト内の要素を検索するためにはindexメソッドを使います。引数として検索したい値を渡すことで一致する最初のインデックス番号を返してくれます。リスト内に存在しない場合はValueErrorが送出されます。

lis = ['python', 'java script', 'java', 'c', 'c++']
print(lis.index('python')) // 0

第二引数に任意の数字を渡すことでその数字以降のインデックスで指定した値が存在するか確認できます。

lis = ['python', 'java script', 'java', 'c', 'python', 'c++']
print(lis.index('python')) // 0
print(lis.index('python', 3)) // 4

リストのソート

またリストにはsortメソッドが存在するので簡単に並び替えることができます。

lis = ['python', 'java', 'c', 'c#', 'java script', 'ruby', 'go']
lis.sort()
print(lis) // ['c', 'c#', 'go', 'java', 'java script', 'python', 'ruby']

コメント

タイトルとURLをコピーしました