大学生におすすめの教養を高めるための本10選!!!

大学生におすすめの本を紹介していこうと思います!!大学生は時間がたくさんあるのでたくさん本を読んで教養を高めましょう!!!逆におすすめの本などを知っている方がいらしたら是非教えてください!!!

歴史編

サピエンス全史

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福【電子書籍】[ ユヴァル・ノア・ハラリ ]

ユヴァル・ノア・ハラリ氏が書いた歴史に関する本です。この本は世界中でバカ売れしました。内容が圧倒的に斬新すぎて面白いからです。この本はただ単に書物や発掘されたものを元にした歴史が書かれているだけではありません。我々サピエンスがアフリカで生まれて以降どのように他の人類を滅ぼし、食物連鎖の頂点に立つことができたかなど新しい視点がたくさんあります。この本を読む前と後ではこの世を見る視野が圧倒的に違うでしょう。

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書公立高校教師YouTuberが書いた【電子書籍】[ 山崎 圭一 ]

高校の教師である山崎圭一氏によって書かれたこの本。YouTubeでも講義動画をアップされており、非常に分かりやすいと評判です。

さらにオリエンタルラジオの中田敦彦氏がこの本を元にYouTuberで講義したことでさらに有名になりました。

この本の特徴は本文中に年号が一切出てこないところです。年号ではなく流れに注目してヨーロッパ、中東、インド、中国、それぞれの歴史に触れていきます。

筋トレ

筋トレが最強のソリューションである

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 [ Testosterone ]

Twitterでも有名なTestosterone氏が執筆した書籍。筋トレさえしとけばこの世の悩みはほとんど解決する。その理由が書かれた本です。

実際に僕も筋トレをしていますが、気分はブチ上がるし、良い睡眠もできるし、食事にも気を使うため健康にもなります。まさに良いことづくめの筋トレ。

超 筋トレが最強のソリューションである

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 [ Testosterone ]

これも先ほどと同じTestosteron氏が執筆した書籍。こちらは科学的な根拠に基づいて筋トレの魅力を余すことなく伝えてくれる良著です。

経済

金持ち父さん貧乏父さん

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・キヨサキ ]

ロバート・キヨサキ氏によって書かれた書籍。お金に関する本として誰もが勧める最高の一冊。金持ちと貧乏人では思考がまるで違うことを気付かせてくれます。金持ちになるためにはまずお金に対する考え方を改めうることが必要だということを教えてくれます。

さらにこの本はお金の本質を教えてくれるだけでなく、お金の本質を知った上でどのように行動していくべきかや、不安と闘うメンタル面など様々な視点で良い影響を与えてくれます。

金持ちは資産を買い、貧乏人は負債を買う。

父が娘に語る経済の話

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。1万年前から現代まですべてを紐解く「資本主義」全からくり【電子書籍】[ ヤニス・バルファキス ]

専門用語を並べる経済の本とは少しテイストが違います。経済の本質に迫るスケールの大きな話が展開されています。

ユダヤの商法

ユダヤの商法(新装版) 世界経済を動かす [ 藤田 田 ]

日本マクドナルド創業者である藤田田氏が商売の極意について書いた本。ユダヤ人から学んだ多くのことがこの本には書かれています。

僕がこの中でも印象に残ったのは78:22の法則と商売の基本は女と口を狙うとこが大切ということです。

他にも眼から鱗の商売の基本が書かれているので一度読んでおいて損はないです。

自己啓発

苦しかったときの話をしようか

苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」 [ 森岡 毅 ]

マーケティングで有名な森岡毅氏がキャリアについて書いた本です。娘にアドバイスをするつもりで書き始めていたものを実際に書籍として出版することになったようです。

就活生には特に参考になる部分が多いのではないでしょうか。

個人的には第2章と第5章が好きです。第2章にはこの世の仕組みや本質が書かれていて、第5章には森岡氏の家族に対する熱い想いが書かれています。

その他

FACTFULNESS

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣【電子書籍】[ ハンス・ロスリング ]

様々なデータを元に世界を正しく見るために書かれた本。貧困層や教育を受けられない子供はどんどん減ってきている。先進国と発展途上国という2つに分けるのはやめようなど我々の中にある思い込みを正しくデータに基づいた知識に変えてくれます。僕がこの本の中で最も好きな言葉を引用させていただきます。

「悪い」と「良くなっている」は両立する

FUCT FULNESS : ハンス・ロスリング 著、上杉周作、関美和 訳 日経BP社

世界5台宗教入門

世界94カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門【電子書籍】[ 山中俊之 ]

日本人は良く宗教の知識が足りないなんて言われたりします。それを解消するために宗教についてちょっと知っておくのは悪いことではないです。

宗教はどこか怪しいとか危険だとかネガティブなイメージが一人歩きしています。もちろんそういった側面もあるのですが、正しい知識を得ることで宗教は全てが悪というわけではないということを知るのはとても大切なことです。

この本ではユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教・仏教、さらに日本の宗教についてとても分かりやすく書いてあるため入門書として最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました