【Python】for文でrange関数を使う

今回はPythonのfor文でrange関数を使って繰り返し処理を行う方法を解説します。

シンプルなやつ

まずはシンプルな使い方です。

for i in range(5):
    print(i)

これを実行すると以下のようになります。

0
1
2
3
4

rangeに5を渡したので0〜4で5回繰り返されます。

rangeを使ってlistを扱う

range関数を使うことでリストの値を一つずつ表示するとかできます。

list = ['Tokyo', 'Osaka', 'Nagoya', 'Sendai', 'Fukuoka']

for i in range(5):
    print(list[i])

実行結果

Tokyo
Osaka
Nagoya
Sendai
Fukuoka

 



スタートの数字を指定

range関数ではスタートを0からではなく1からとか10からとか自由に決められます。その場合第一引数に始めたい数字を渡して第二引数に最後の数字-1を渡します。

for i in range(1, 5):
    print(i)

実行結果

1
2
3
4

何個飛ばしで進むか指定

第三引数として進みたい数を渡すとそれだけ飛んでくれます。例えば以下のように第三引数に2を渡すと1つずつカウントアップされるのではなく、2つずつカウントアップされます。

for i in range(1, 10, 2):
    print(i)

実行結果

1
3
5
7
9

 



逆順

小さい数字から大きい数字にカウントアップするだけでなく、大きい数字から小さい数字にカウントダウンしていくこともできます。第三引数にマイナスの値を渡すことで実現できます。

for i in range(10, 0, -1):
    print(i)

実行結果

10
9
8
7
6
5
4
3
2
1

以上range関数の使い方でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました