【Python】ループを途中で抜ける方法

今回の記事ではpythonにおいてfor文やwhile文などのループ処理を途中で抜ける方法を解説していきます。結論からいくとループ内でbreakを記述することでループ処理の途中で抜けることができます。

サンプルコード

for

まずはforループを途中で抜ける方法です。以下のコードを実行すると0〜9の数字が順番に出力されます。

for i in range(10):
    print(i)

これに途中でbreakを付け加えることでループの途中でも処理をやめて抜け出すことができます。途中のif文では条件としてもしiが5だったときはbreakが実行されます。下記コードを実行すると0〜4の数字が出力された後ループ処理を抜けだしプログラムが終了します。

for i in range(10):
    if i==5:
        break
    print(i)

 



while

次はwhileを使ってループを行なっている場合ですがこちらもforループの時と同じで途中で抜けたい場合はその時にbreakが実行されるように記述をするだけです。

i=0

while(i<=10):
    if i==5:
        break
    print(i)
    i+=1

pythonではこのようにしてbreakを使うことでループを途中で抜けることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました