【Mac】デフォルトで開くアプリを変更する方法をわかりやすく解説!

Mac

Macで開きたいファイルをダブルクリックするとファイルが開きます。
この時にファイルを開くアプリがデフォルトで決まっています。
その際にこんなことを思ったことはありませんか?

俺がファイルを開きたいのはこのアプリじゃない

今回の記事を読むことで、Macでファイルをダブルクリックした際に開くデフォルトのアプリケーションを変更することができます。
ぜひ最後まで読んでいってください。

そうそう、俺が開きたかったのはこのアプリなんよ〜



デフォルトで開くアプリの確認

まずはMacでデフォルトのアプリを確認してみます。

テキストファイルを開くアプリを確認

今回は参考としてデスクトップ上にテキストファイル(.txt)を用意しました。
これを右クリックして「このアプリケーションで開く」にカーソルを合わせると、次のような画面になります。

現状で僕のMacでテキストファイルを開くとテキストエディット(デフォルト)となっているアプリが開きます。
これを今回はSublime Textというアプリに変更します。

デフォルトで開くアプリを変更する

ではデフォルトで開くアプリを変更していきます。
まず先ほどと同じくデフォルトで開くアプリを変更したいを右クリックします。
右クリックして表示されたメニューの中に「情報を見る」という項目があるので、これをクリックします。

「情報を見る」をクリックするととても縦長のウィンドウが表示されます。
その中に「このアプリケーションで開く」という項目があります。

ここを変更することでデフォルトで開くアプリを変更することができます。
今回はSublime Textに変更します。

アプリを変更したら、すぐ下のボタンの「すべてを変更」ボタンを押します。
すると次のようなウィンドウが立ち上がります。
この「続ける」を押します。

以上で設定は完了しました。



アプリが変更されているか確認

最後に確認してみます。
テキストファイルを右クリックして、「このアプリケーションで開く」にカーソルを合わせます。
すると「Sublime Text(デフォルト)」となっていることがわかります。

まとめ

今回はMacのデフォルトで開くアプリを変更する方法を解説してきました。
右クリック→情報を見る→開きたいアプリを選択する→全てを変更をクリック
の順でデフォルトで開くアプリケーションを変更することができます。

CSVファイルをサクラエディタなどのテキストエディタで開きたかったり、Numbersなどのスプレッドシートで開きたかったりするなど、状況によって同じファイルでもデフォルトで開きたいアプリは変わってきます。
今回紹介した方法を使って、ぜひ自分好みのアプリで開くように変更してみてください!

タイトルとURLをコピーしました