【おすすめエージェント紹介】プログラミング初心者からエンジニアになるまでのロードマップ

Java

プログラミング初心者からJavaエンジニアになる方法を知りたい!

今回の記事ではこのような方のためにJava初心者が、Webアプリの開発方法を学んで、エンジニアになる方法を紹介していきます!

この記事を読むことで、初心者の方でもJavaの勉強を無駄なく効率よく進める方法がわかり、エンジニアになるまでの大まかな道筋を理解することができます。

よっしゃー!Javaを勉強してエンジニアになるぞ〜

プログラミング初心者からエンジニアになるまで

まず最初にプログラミング初心者からJavaを勉強してエンジニアになるためには次のようなステップが必要です。

  1. Javaの基礎を学ぶ
  2. JavaでWebアプリを開発する方法を学ぶ
  3. 学んだ技術でポートフォリオを作成する
  4. 転職エージェントに登録して、転職活動する

この後、それぞれのステップについて具体的な勉強法を紹介していきます。

プログラミングを学ぶ方法は主に3つあります。

  • 動画学習
  • プログラミングスクール

他にも勉強方法はありますが、上記が代表的なものになります。
それぞれの勉強法の特徴について解説したあと、各勉強の段階でおすすめを紹介していきます。

プログラミングの勉強に関する本は大量に存在します。本で勉強を進めるメリットは以下の通りです。

  • 環境構築から書かれている初心者向けのものが多い
  • 体系的にまとめられている

一方デメリットは以下の通りです。

  • 分厚いので、持ち運びに不便
  • 古い情報だと動かない場合がある

本に馴染みのある人にはおすすめの勉強法です!

動画学習

プログラミングは動画でも勉強することができます。
私がお勧めしたいプログラミングを動画で学べるサービスはUdemyです。

Udemyは様々なスキルを動画で学べるオンライン学習プラットフォームです。
私がUdemyをお勧めする理由は以下の通りです。

  • 動画で好きなときに学べる
  • 一流のエンジニアから教えてもらえる
  • 好きな技術を体系的に学べる
  • 実際に手を動かしながら学ぶことができる
  • セール時であれば1500円〜2000円ほどで購入できる(大半の技術書より安い)
  • 講座自体がアップデートされていくので情報が古くなりにくい

Udemyでは平常時は講座が2万円を超えるものも多いですが、セール時にはその多くが1500円〜2000円ほどで購入可能になります。セール時を狙って購入しましょう!

たまに「これはハズレだな」というような講座もありますが、30日間の返金保証もあるので安心して購入することができます!

動画で好きな時間に好きな場所で勉強を進めたい人にはUdemyは本当におすすめです!

プログラミングスクール

最後がプログラミングスクールです。
プログラミングスクールのおすすめポイントは以下です。

  • 好きな場所、好きな時間に自分のペースで勉強できる
  • 現役エンジニアのサポートが受けられる
  • 仲間と一緒にプログラミングを学ぶことができる
  • 就職や転職のためのサポートを受けることができる
  • しっかりとしたカリキュラムのもと学ぶことができる

現役エンジニアや講師の方に直接質問ができるプログラミングスクールはやはり本・動画とは一線を画します。
その分料金も上がりますが、「本気でエンジニアを目指したい」という方はプログラミングスクールがおすすめです。

現役エンジニアの手厚いサポートを受けながら本気でエンジニアを目指したい人におすすめ!

ここまで、Java初心者からプログラミングを学習する大まかな手順と、主な勉強方法について解説しました。
ここからは具体的におすすめの参考書やおすすめのUdemyの講座を紹介していきます!

基礎編

まずはJavaの基礎が学べる教材をそれぞれ紹介していきます。筆者が考える基礎段階で学ぶべき項目は以下二つです。

  • if文やfor文などのプログラミングの基本文法
  • オブジェクト指向

まず一つ目の基本文法ですが、これはどんなプログラミング言語でも大体同じようなものが登場するので、ここはきっちりと抑えておきたいです。

逆にここを抑えておくと、他の言語を学ぶ時もスムーズに理解できます。

次にオブジェクト指向です。筆者がプログラミングの勉強を始めたときに最初に躓いたのがここです。最初は何をいっているのかさっぱりわかりませんでした。

しかしここが理解できると一気にプログラミングが楽しくなります。

基礎編としてはJavaの基本文法とオブジェクト指向の概念を学ぶことが大切です。

ではJavaの基礎を学ぶのにおすすめの本の紹介に移っていきます。

スッキリわかるJava

基礎編の本お勧め第一弾はなんといってもこちら!「スッキリわかるJava入門」です!

スッキリわかるシリーズは安定感があり、他の言語でも非常に人気が高いです。Javaも例外に漏れず、非常に評価が高く、入門するならまずこの本の購入を考えるべき。そんな1冊です。

スッキリわかるシリーズは実践編もあるので、入門編終了後はこちらにもチャレンジするのがおすすめです

独習 Java

続いて紹介するのが独習Javaです。

こちらは全くのプログラミング初心者というよりは、他の言語を学んだことがあり、次にJavaを学んでみたいという方にお勧めです。

基礎から丁寧な説明がされているため、オブジェクト指向を理解するのに最適です!

Udemy

続いてUdemyの動画教材を紹介していきます!

【 5日でできる】はじめての Java プログラミング入門

引用:Udemy

最初に紹介するのが【5日でできる】はじめての Java プログラミング入門という講座です。
こちらの講座はUdemyの中でも圧倒的な人気を誇っています。

Javaの開発を便利にするEclipseのインストールから丁寧に説明があり、基礎から学ぶことができます。さらに基礎だけでなくAndroidアプリの開発やサーバサイドプログラムの開発も体験できます。

一週間で身につくJava言語

引用:Udemy

続いて紹介するのが一週間で身につくJava言語です!こちらも非常に人気の講座となっています。
基礎編と応用編に分かれており、オブジェクト指向を理解するのに最適な講座です。

またサンプルや練習問題を通して、プログラミングの基礎体力も身につけることができる講座となっています。

Webアプリ開発

Javaの基礎学習を終えた後はWebアプリの開発にチャレンジしてみましょう!

JavaでWebアプリを開発するためにはServletとjspを使って、開発する方法とフレームワークを使って開発する方法があります。

じっくりと勉強して、確実に力をつけたい人はServletとjspを学んでからフレームワークの学習をするのがおすすめです。

なぜならServletとjspを学習することでWebアプリの基本的な仕組みをしっかりと理解することができるからです。

逆にとにかくWebアプリの開発をして、早くエンジニアになりたい!という方はフレームワークの学習から始めてしまっても問題ないです。

フレームワークというのはある程度の共通した部分を先に作ってくれてるもので、プログラマーは本当に大事な部分だけコードを書くことに集中できるというものです。

Javaのフレームワークは数多く存在しますが、個人的にはSpring Bootを使ってWebアプリの開発方法を学ぶのがおすすめです。

ここからは「Servletとjsp」「Spring Boot」のそれぞれおすすめの教材を紹介していきます。

Servlet&jsp

スッキリわかるサーブレット&JSP入門

1冊目はこちら、やはり「スッキリわかる」シリーズです。

Webアプリで大切な処理の流れがイメージ化されているので、理解が深まります。

またアプリ制作もできるので実際に手を動かして学ぶことができます。

独習JSP&サーブレット

2冊目はこれまた2度目の登場「独習」シリーズです。

こちらの第3版が2021年12月21日に新しく登場します!解説→例題→理解度チェックというステップを通して、Webアプリ開発の基礎を完全習得することができます。

Udemy

【Java サーブレット( Servlet )決定版】ゼロから環境構築~設計モデルまで、動画で楽々学ぶ

udemyでお勧めのServlet&jspが学べる講座が【Java サーブレット( Servlet )決定版】ゼロから環境構築~設計モデルまで、動画で楽々学ぶになります!

こちらの講座は対象範囲がJavaの環境構築・基礎からとなっていますが、Servlet&jspを用いたWebアプリの開発まで学ぶことができます。

さらにJavaとMySQLを連携させる方法も学ぶことができるので、この講座を受講すればJavaの基礎からデータベース連携したWebアプリの開発まで一気に学ぶことができます。

Javaの基礎からデータベースと連携したWebアプリの開発まで幅広く勉強したい人におすすめ

Spring

Spring徹底入門 Spring FrameworkによるJavaアプリケーション開発

1冊目の本はSpring Frameworkの名著「Spring徹底入門 Spring FrameworkによるJavaアプリケーション開発」です。

DI/AOPといった基本からJava開発でSpring Frameworkを徹底活用するための知識とノウハウを学ぶことができます。

後悔しないためのSpring Boot 入門書:Spring 解体新書

続いて紹介するのは「後悔しないためのSpring Boot 入門書:Spring 解体新書」です。

非常にクオリティも高く、DIについてわかりやすく丁寧な解説があるのが魅力です。

Web開発について何も知らない状態からでもspringを使いこなせるところまで一気に上達することができます。

Udemy

Spring 入門 ~ SpringBoot 2 を使ってお問い合わせアプリとToDoアプリを作る ~
引用:Udemy

Spring 入門 ~ SpringBoot 2 を使ってお問い合わせアプリとToDoアプリを作る ~」はSpringBootを使ってTodoアプリの開発を行います。

アプリ開発の中でCRUD機能を実装します。
CRUDとはCreate, Read, Update, Deleteの頭文字を取ったもので、Webアプリ開発の基本となります。

【Javaプログラマー必須】最強のフレームワーク、Spring。環境構築、Thymeleaf画面作成、依存性の注入まで。
引用:Udemy

続いては「【Javaプログラマー必須】最強のフレームワーク、Spring。環境構築、Thymeleaf画面作成、依存性の注入まで。」です。

MVCによるWebアプリの開発を学ぶことができます。
MVCというのはWebアプリの設計に関する概念のようなもので、Model View Controllerのそれぞれの頭文字を取っています。

またThymeleafやspringで欠かせないDIについても学ぶことができる講座となっています。

プログラミングスクール

RaiseTech

RaiseTechは「最速で稼ぐ」ことを目的としたエンジニアリングスクールです。RaiseTechお勧めポイントは以下の通りです。

  • 現場主義であり現場で扱われる技術を取り扱っている
  • 現場で結果を出してきたレベルの高い現役講師陣から学ぶことができる
  • 質疑応答の期間が無期限(一生質問できる)

単価の高い講師陣を雇うことで、現場レベルの技術を直接学ぶことができます。
またサポートが無期限と言うのも魅力的で、一度受講するとずっとその恩恵を受けることができます。

RaiseTechのJavaフルコースではWebアプリ開発を実践的に勉強できる他、周辺技術としてフレームワークやライブラリについても学ぶことができます。

無料説明会を頻繁に開催しているので、ご興味ある方は一度参加してみてください!

RaiseTech公式サイトはこちら>>>

本気で稼げる優秀なエンジニアを目指したい人におすすめ!

JavaだけでなくAWSでDepOpsといったインフラ周りを学べるのもRaiseTechならでは!

ポートフォリオの作成

ここまでJavaを学習し、Webアプリの開発方法を学んだら、ポートフォリオを作成しましょう!
ポートフォリオとは転職する際に自分の技術力を証明するサンプルのアプリのようなものです。

学んだ技術を活かして、Webアプリを開発し、それをもとに転職活動を行いましょう!

作るものは基本的に自由です。
自分が作りたいものを作りましょう。

何を作ったら良いかわからないという方は次のようなものがおすすめです!

  • ToDoアプリ
  • 掲示板アプリ
  • SNSアプリ
  • チャットアプリ

このブログではサーブレットとjspを使ったToDoアプリをサンプルコード付きで解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

エージェントを活用して就職・転職

ポートフォリオの作成が完了したら、エージェントに登録して就職・転職活動をしましょう!
今回は新卒、未経験、転職にそれぞれおすすめのエージェントを紹介していきます!

新卒におすすめのエージェント

レバテックルーキー

新卒でエンジニアへの就職を目指す学生にオススメのエージェントはレバテックルーキーです。
レバテックスーキーはITエンジニアを目指す学生の就職活動を無料サポートを行なっています。

レバテックでは年間3000以上のクライアント企業を訪れ、企業に合う人物像や技術要件など細かな情報をヒアリングしています。
ヒアリングから得た企業内部の情報、職場環境、人柄、企業文化など豊富な企業情報をもとに就職活動をすることが可能です!

またレバテックではエンジニア業界を熟知しているアドバイザーがカウンセリングを担当します。
そのため面接対策だけでなく、学生の志望性やスキル、入社後のキャリアパスを考慮したアドバイスをすることができます。

  • 自分のスキルで、どのくらいのレベルの企業に行けるのか?
  • ITエンジニアになるための就活の進め方がわからない
  • 自分の行きたい企業に行くためには、あとどれくらい何のスキルを身につければ良いのか

このような悩みを抱えている学生にオススメの就職エージェントです!
料金は無料で利用することができるので、まずはカウンセリングを受けてみましょう!

レバテックルーキーで無料カウンセリングを受けてみる

未経験にオススメのエージェント

ウズキャリIT

未経験からITエンジニアを目指したい方にオススメのエージェントはウズキャリITです!

創業以来、IT分野の就業サポートを得意としており、累計2000人以上の就業マッチングを実現しています。
また入社後の定着率が93%越えと非常に高く、就業者に合った企業を紹介していることがわかります。

ウズキャリITでは求人紹介や面接対策に限らず、学習動画コンテンツやIT講師による学習サポートもあり、こちらも求職者からの満足度が非常に高いです。

方針として、ブラック企業を排除していて、離職率や労働時間などの厳しい基準が設けられています。
さらに企業に訪問してしっかりと基準を満たしているか確認を行なっているためブラック企業に入社してしまうリスクが低いです。

ウズキャリITの公式サイトはこちら

転職にオススメのエージェント

マイナビIT AGENT

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビのマイナビIT AGENTはITやWeb業界に強い転職エージェントです。
全国の大手上場企業から人気のベンチャー企業、隠れた優良企業まで多くの人事採用担当との間に太いパイプがあります。

マイナビエージェントには3つのメリットがあります。

1つ目は関東エリアの求人を網羅していることです!
東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富です。

2つ目は20代、30代の転職サポートに強いことです。
企業の人事担当者や採用担当者との間に太いパイプがあります。

3つ目は応募書類の準備から面接対策まで、親身なサポート体制が整っていることです。
IT業界出身のキャリアコンサルタントが一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます!

登録はこちらSE・プログラマーの転職『マイナビ IT AGENT』

まとめ

今回の記事ではJava初心者からWebアプリの開発方法を学び、エンジニアになるまでの学習手順について解説してきました!

基礎→Webアプリの開発方法を学習→ポートフォリオの作成→転職エージェントに登録して、転職活動をするというステップでプログラミング未経験でもエンジニアになることができます!

タイトルとURLをコピーしました