【Java】if文で否定で判定する

結論

!を使う。以上。実際のコードで確認してみます。

コードで確認

まずは普通にtrueの判定を見てみます。boolean型の変数tofにtrueを代入しています。if文の条件判定でtofを入れていますので、実行すると「trueです。」と出力されます。

class Hitei{
	public static void main(String[] args) {
		boolean tof = true;

		if(tof){
			System.out.println("trueです。");
		}else {
			System.out.println("falseです。");
		}
	}
}

これを否定を使って逆にしてみます。下記コードのように!をつけることでtrueかfalseの値を逆に判定してくれます。このパターンでいくと、tofがfalseのときは逆になってtrueになるので一つ目のprintメソッドが実行されます。今回のコードではtofにはtrueが入っているので、else文の中に入って「trueです。」と出力されることになります。

class Hitei{
	public static void main(String[] args) {
		boolean tof = true;

		if(!tof){
			System.out.println("falseです。");
		}else {
			System.out.println("trueです。");
		}
	}
}

 



数値の比較などをしてその結果を反転させたい場合も同じです。比較した結果を()で囲ってその外側から!で逆にします。

class Hitei{
	public static void main(String[] args) {

		int num1 = 1;
		int num2 = 1;

		if(!(num1==num2)){
			System.out.println("num1とnum2は別の値です。");
		}else {
			System.out.println("num1とnum2は同じ値です。");
		}
	}
}

まとめ

if文の条件判定で否定を使いたい場合は!を使う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました